わきの黒ずみが気になる…正しいお手入れ方法

ワキ下のお肌のくすみ、気になりませんか。特に夏場、ノースリーブを着たときや水着姿など、写真のポーズにも気を使いますよね。

ワキの下って、普段はあまり目につかない場所ですが、だからこそきちんとお手入れしておきたいものです。しかし、ワキのお手入れって、どんな風にすればよいのでしょうか?


わきのくすみの原因

まず、カンタンにわきの下のくすみの原因を説明しておきます。ワキ下の皮膚がくすむのは、カミソリなどの刺激によるものが大きいです。

「くすみ」というと、メラニン色素を思い浮かべる人が多いと思います。メラニン色素は紫外線などの刺激により、皮膚の中に生成される黒い色素です。

メラニンは、通常は皮膚のターンオーバーにのって、一定のサイクルで体外へと排出されます。しかし、お肌のターンオーバーが遅れていると、このメラニン色素が排出されなくなり、色素沈着をおこしてくすみになってしまうのです。

メラニン色素は滋賀視線以外でも皮膚の中に作られることがあります。それは、主に皮膚への物理的な刺激やストレスによるものです。つまり、カミソリの刺激も、メラニン生成を起こしてしまう原因のひとつなんです。

ワキのくすみのお手入れ方法

ワキのくすみが気になる人は、二つのアプローチでくすみケアを行ってみましょう。

1.刺激を与えないようにする

お肌への刺激がメラニンを増やすわけですから、メラニンが生成される要因を排除するべきです。とはいっても、ワキのムダ毛処理をやめるわけにはいかないという人もいるでしょう。

その場合は、なるべく肌への負担がすくない脱毛方法を行ったり、ムダ毛処理の頻度を落とすようにしてみてください。

2.肌のターンオーバーをよくする

メラニンが生成されても、お肌のターンオーバー機能がきちんと働いていれば、色素沈着は起こりにくくなります。つまり、肌サイクルをよくすることも、わきのくすみを改善する方法の一つです。

肌のターンオーバーをよくするには、生活習慣や食事の見直しが必要かもしれませんね。それに加えて、肌サイクルを向上させる美容ケアアイテムを利用するのもおすすめです。

ワキに使える美白*ジェルを利用してみる

ワキのくすみケアとして、ワキに使用できるタイプの美白*ジェルも販売されています。これらは、ワキの皮膚を徹底的に研究して作られているので、効果を実感しやすく、肌トラブルも起こしにくいでしょう。

ワキの下の皮膚は、意外とデリケートなので、普段使い慣れている化粧品を使うと思ってもないトラブルになることがあります。ですから、慎重に化粧品選びを行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA